研修事業について

研修事業部ができるまで(概要)

福生積善〜個(ひと)を支え、豊かな暮らしの実現を目指す福祉〜を全職員で共有し、健全な施設運営ケアの実践を目指しています。

当法人は高齢者事業に携わる長い歴史の中で、高齢者がそれぞれのその時代を生きてきた歴史や価値を活かしながら、自分が「らしくある」環境の提供を整え、人間としての大切な思いを宿した介護する者の人材の育成を常に意識しながら、社会福祉法人として歩んできました。

超高齢社会における高齢者のニーズは多様性、複雑性が非常に幅広く、個別性を重視したケアを重んじるためには、介護人材の確保と質の向上はますます重要となってきています。

ひとつひとつ繋ぎ、積み上げてきたものを、ここで途切れることなく、介護の質が問われ、注目される現代において、神戸で最良のケアの提供をできる人材確保と法人の発展をめざすべく、法人のさらなる進化の体制をとることとなりました。

2019度より、本部機能に「財務総務部」「人事採用部」「研修事業部」の3部門を立ち上げました。

それぞれの職務として、事業経営に必要な資金計画 法制度の改正や労働関係法令に適応した事業運営への支援を担います。研修事業部は職員の確保、要請、定着等、職員教育を一貫して組織的に実施する機能を担います。

法人組織の人材確保、定着・育成における課題対応を行います。

人材発掘も含め地域貢献の一端を担う養成研修(初任者研修・実務者研修・喀痰吸引研修)の企画運営、職員育成研修、職員支援、キャリア開発を行います。

外国人労働者の受け入れるため、育成支援のプログラムを展開し、各拠点の外国人担当者と定期的に情報共有し、育成の環境を整えます。>

研修委員会

  • 新入職者研修
  • 中途採用者研修
  • 上級者研修
  • 中堅職員研修
  • マネジメント研修
  • 多職種連携研修

介護士会/相談員会/看護師会

  • 新入職者育成研修
  • 中途採用介護技術研修
  • 多職種連携研修
  • 介護支援専門員試験対策

研修

  • 介護職員初任者研修
  • 実務者研修
  • 職員育成研修
  • 留学生育成研修
  • 国家試験対策
  • 多様な生活障害をもつ利用者に質の高い介護を実践
  • 介護技術の指導や職種間連携のキーパーソンとなり、チームケアの質を改善
  • 利用者の状態像に応じた介護や他職種との連携等を行うための幅広い領域の知識・技術を修得し、的確な介護を実践
  • 在宅・施設で働く上で必要となる基本的な知識・技術を修得し、指示を受けながら、介護業務を実践

認定介護福祉士受講しました!!

認定介護福祉士

※認定介護福祉士とは、居住・施設系サービスを問わず、多様な利用者・生活環境、サービス提供形態等に対応して、より質の高い介護実践や介護サービスマネジメント、介護と医療の連携強化、地域包括ケア等に対応するための考え方や知識、技術等を認定介護福祉士養成研修で修得した介護福祉士のことです。全国にまだ60人弱が有資格者

二宮 由貴子さん
(高齢者ケアセンターひょうご 介護サービス課長)

祖父母を、父親を中心に在宅で看取りしたのがきっかで介護の仕事につき、福生会で20年近くになります。認定介護福祉士という資格を作るために全国から50名の募集があり、法人の推薦で受講しました。モデル研修でしたので研修終了まで4年ほど年月を要し、終わりがいつになるのかわからないような状況での受講でしたが、同じ職業、高齢者や障がい者の方たちと同じ思いで関わろうとしている人たちとの出会いに、かなり刺激を受けました。多職種と関わる中で、利用者の願いの実現のためにそれぞれの職務を理解しそのつなぎ役になる。研修を終えて、そのことを一番に考え、実践しています。

初任者研修

「介護職員初任者研修」は、介護に携わる者が、業務を遂行する上で最低限の知識・技術と それを実践する際の考え方のプロセスを身につけ、「在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得する研修」です。資格を取得するためには、講義と演習で構成される約130時間の研修受講と、全課程修了後の修了試験に合格することが必要です。私たちの法人で働くための研修ではなく、福祉人材の確保・育成を目的とした社会福祉法人の地域貢献事業です!

初任者研修の詳細はこちら>

実務者研修

「実務者研修」は介護福祉士の受験資格として義務付けられました。
平成 28 年度国家試験(平成29年1月実施予定)から「介護福祉士」の受験資格が変わりました。今までと同じく3年間の実務経験に加えて、「実務者研修(450時間)」の受講が義務付けられました。日本の高齢社会を支える職業の一つとして「介護福祉士」の専門性を確立し一層の資質向上を図る必要性から、資格取得の要件について法律改正が行われました。また、実務者研修を修了すれば、訪問介護事業所のサービス提供責任者の要件を満たします。

実務者研修の詳細はこちら>

【到達目標】

  • 幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の修得
    ※介護福祉士養成施設(2年以上の養成課程)における到達目標と同等の水準
  • 今後の制度改正や新たな課題・技術・知見を自ら把握できる能力の獲得を期待

【実務者研修イメージ】

神戸福生会で受講するメリット

  • 現場に強い研修内容で国家試験取得に向けてやる気が出る!
  • 講師は、現場のケアマネジャーや介護福祉士、社会福祉士のなので、実体験が盛りだくさんの講義内容で、介護の魅力を感じながら、働くのが楽しみになる
  • 法人として、利用者の「個」というものを大切にしており、利用者ひとりひとりに合わせた理解・ケアの深さを現場の生の声を聴くことができます。
  • 受講費用が魅力
  • 実際に働きながら学ぶ方には、日々のケアにてきめんに活かされ、学ぶ意欲 働く意欲がUP!
  • 神戸福生会で受講するメリット:初任者

    働きながら、無理なく学べる学習スケジュール週一回のペースでライフワークバランスがとれる今後は夜間開講も検討中!
    修了後は、実務者研修や国家試験受験まで、ステップアップを考える方には目標に向けて全力でサポート!

  • 神戸福生会で受講するメリット:実務者

    わかりやすい授業・スクーリングゆとりのある受講スケジュールで無理なく受講が可能です。あえて短期間ではないスクーリング。働きながらなので短い方が気が楽と思いがち。日数が長いことで丁寧な内容。質の高い実務者の育成を考えたあえての日数 自身の成長を感じること間違いなし。

受講生の声

菅﨑 誠弥さん(特養勤務)
初任者研修 2019年9月期受講生

「人に喜んでもらえること、笑顔になって頂くこと」・・ 私が仕事に対して大事にしていることが全部詰まっている仕事だと思い、転職で介護の仕事に就きました。資格がなかったので、日々の中で知識の面で足りないと痛感し、利用者様とその家族様にとってより良いケアができ安心して頂きたいと思い受講しました。研修では、介護の歴史や施設の特徴など様々なことを学ばせて頂きそれをどのように仕事に活かせるか自身で考えながら日々の業務に取り組んでいます。

濱田 明香里さん(特養勤務)
初任者研修 2019年4月期受講生

福祉の大学に通っており、高齢者福祉に興味がありました。大学は社会福祉分野であることもあり、高齢者分野について内容が薄く、知識量も少ない為、改めて基礎から学びたいと感じたので在学中に受講しました。基礎知識ということもあり、高齢者や介助等について全て理解できたわけではありませんが、福祉の心構えや考え方、高齢者に関わる上で知っておいて損はない知識が増えたと思います。この受講で得た知識は私自身、仕事等で動く際に考える一つの方法として使えています。特に、介護の考え方や認知症について知識は知っているのと知らないのとでは私自身の行動も大きく変化していると思います。

岡本 有里恵さん(特養勤務)
初任者研修 2017年4月期 実務者研修 2019年7月期受講生

介護福祉士をとるために必要な研修であり、もし国家試験を受けなかったとしても損はない!の思いで受講しました。研修を受講して、改めて基本に戻り普段の自分の介助の関りや手技について見直すことができ、改めて勉強することがあまりなく、よい機会になりました。受講できてよかったです。

堀内 翔磨さん(特養勤務)
初任者研修 2018年4月期 実務者研修 2019年7月期受講生

人のためになりたいと思った中で、介護の需要と将来性の高さを見てこの職を選びました。新人の方が増えつつある中で、何かを聞かれた時に根拠を持って答えられるようになりたいと、また、経験の浅い自分が経験したことのない事例に対応できる知識を持ちたいと思い、早めの受講としました。ついつい手を貸してしまいがちな介助で、利用者に可能な限り自分で自分のことをやって頂いたうえで、介助側が補助をするというのが、自分にとっては難しかった印象です。受講を通して、出来る事探しや、利用者にも介助者にも負担のかからない介護を意識するようになった気がします。

坂井 郁文さん(特養勤務)
初任者研修 2017年4月期 実務者研修 2018年7月期受講生

親が60歳を越えていたため、関心があり、介護の仕事につきました。介護福祉士の資格を取りたいと思ったので、初任者研修、実務者研修と受講しました。実務者研修では初任者研修より詳しく介護技術を知ることができ、日ごろの介護をする時に役に立ちました。

三澤 真由味さん(訪問介護)
初任者研修 2015年10月期 実務者研修 2016年10月期受講生

介護の仕事は友達に誘われ、そのまま仕事をしてきましたが、全く知識がなかったのでいろいろと知りたいと思い受講しました。研修は、すごく楽しく学べ知りたいこともしっかりわかるまで教えていただけました。受講後もわからないところは教えてくださり介護福祉士になるときもいっぱいサポートしていただきました。次の目標は認知症リーダー研修の取得です。認知症に関しての知識をより深めたいと思っています。

杉野 弘明さん(特養勤務)
初任者研修 2016年4月期 実務者研修 2018年7月期受講生

前職では、設計業務に携わっていましたが、「身近な人に対して役立つ仕事がしたい」と思い、福祉業界に転職しました。介護福祉士を目指す為に、実務者研修受講しました。今年からユニットリーダーをさせて頂くことになり、利用者様本位に考えられているのか、職員に対しては働きやすい職場になっているのかと考えることが多くなりました。実務者研修で得た介助や手技に対する知識を掘り下げ、利用者様にあった介助方法を考える様になりました。また言葉の意味を深く理解するようになったと感じています。

星野 幸恵さん(特養勤務)
実務者研修 2019年7月受講生

これからの母のことを思い、また資格の取れる仕事がしたかったので介護の仕事につきました。3年目となりいよいよ介護福祉士受験できるとなり、実務者研修を受講しました。日々の実践がこれでよかったかと一つ一つ考える機会となり、いい研修となりました。

よくある質問

Q1 介護職員初任者研修受講には、条件がありますか?
特に受講条件はありません。心身ともに健康な16歳以上の方であれば、どなたでも受講可能です。
Q2 介護職員初任者はどんなところで働けますか?
資格取得後は、老人ホームやグループホーム、デイサービスなどの施設や、また、ホームヘルパーの事業所でパートタイムで働く方の多くいます。ライフスタイルに合わせて勤務形態を選択できるのも魅力です。
Q3 講座をやむを得ず欠席した場合、どうなりますか?
体調不良などでやむを得ず欠席した場合は、欠席した次の受講日までに、補講を行います。(有料/1時間 1,000円)
Q4 介護現場での実務経験が3年に満たないのですが、実務者研修は受講できますか?
受講できます。実務経験3年というのは、介護福祉士国家試験を受験する時点で必要になるものです。実務者研修の受講には実務経験の有無や年数は問われません。
Q5 初任者研修の資格があるのですが、実務者研修の受講期間は6か月必要ですか?
どの資格をお持ちの方でも受講期間は6ヶ月です。ただし、お持ちの資格により受講免除科目があり、受講料も違います。
Q6 初めて介護職員初任者研修の勉強をするのですが、ついていけるか不安です。
不安な方は初任者研修の受講をおすすめします。初任者研修は通学学習で基本をしっかり学んでいただけるカリキュラムです。専任講師が修了までサポートしますのでご安心ください。
Q7 施設での実習はないのでしょうか?
施設での実習はありませんが、実技演習では演習設備を使って、本番さながらに実施します。
Q8 修了試験はどのような試験ですか?
講座終了日に、修了試験を実施します。修了試験と言っても学習したものの中から基礎知識等の習得状況を確認するものですので、ご安心ください。
Q9 公的な助成金制度はありますか?
「許育訓練給付制度」という制度があります。対象者の方(条件あり)に受講料の20%が給付される制度です。また、実務者研修対象の「実務者研修受講資金貸付制度」があります。対象者の方(条件あり)に受講資金を貸し付ける制度です。詳しくはこちらをご覧ください。

このページのトップへ戻る